自分に合った低用量ピルを

girls are grieving

低用量ピルには21錠タイプと28錠タイプがあります。
初めて低用量ピル通販を利用する場合、21錠タイプと28錠タイプの違いがわからずに戸惑ってしまう場合もあるので、
低用量ピル通販を利用する前にしっかり理解しておきましょう。
21錠タイプは、1錠ずつ21日間低用量ピルを服用します。
そして1週間服用をやめ、1週間後からまた1日1錠ずつ21日間低用量ピルを服用します。
28錠タイプは、21錠タイプと同様に1日1錠ずつ服用しますが、1週間服用をやめることはありません。毎日飲み続けることになります。
ただ、28錠タイプのうち7錠はプラセボ錠と言って、ホルモンの含まれないダミーの薬になります。
つまり21錠タイプも28錠タイプも効果に違いはありませんが、28錠タイプの方が飲み忘れることが少ないということですね。
低用量ピル通販を利用する際は、どちらが自分に合っているかを良く考えてから購入するようにしましょう。
また、ピルには主にトリキュラーとマーベロンという2種類のタイプがあります。
21錠タイプを選ぶのか、28錠タイプを選ぶのかという問題と同じように、低用量ピル通販で悩む要素になります。
ピルには「エストロゲン」と「黄体ホルモン」が含まれていて、これらが作用することで避妊などあらゆる効果をもたらしてくれますが、トリキュラーはエストロゲンの量は同じですが、含まれている黄体ホルモンの量に違いがあります。
ピルを服用する時期によって相応しい黄体ホルモンの量が含まれたピルを服用することになります。
黄体ホルモンの量を調整している分全体のホルモンの量が少なくなっているので副作用は少ないですが、
飲む時期を考える必要があるので、飲み間違えに気をつける必要がありますね。
マーベロンはトリキュラーと違ってエストロゲンも黄体ホルモンも配合量に違いはありません。
ニキビが出来にくいなどのメリットもありますが、トリキュラーに比べると全体のホルモン量が多いのでむくみなどの副作用が出やすいですね。