服用してはいけない人

medicine spoon

低用量ピルは、アフターピルなどに比べるとずっと副作用は少ないですが、
やはり毎日飲み続けるものなので身体にどんな影響があるのか、ということは知っておきたいですよね。
特に、一度も病院を受診せずに低用量ピル通販で購入した場合、副作用が普通なものなのかどうかの判断が難しいと思います。
副作用が出た場合、どんな症状が出るのかを事前に知っておくことで、副作用らしき症状が出た場合にも異常かどうかの判断ができるようになります。
低用量ピルと言っても、ホルモン剤ですので飲み始めてすぐの頃は副作用を感じやすくなります。
主な副作用は吐き気、倦怠感、頭痛などです。
多少の吐き気や頭痛程度であれば特に問題視する必要はありませんが、あまりに酷い場合にはすぐに病院を受診するようにして下さい。
低用量ピル通販で簡単に低用量ピルが手に入ってしまうからこそ、副作用には十分気をつけて頂きたいと思います。
また、低用量ピル通販で低用量ピルを購入する際に特に気をつけたいのが、「低用量ピルを飲んではいけない人」が存在するということです。
病院を受診していれば、最初のカウンセリングで自分が低用量ピルを飲んで良い人なのかどうかを知ることができますが、
低用量ピル通販で購入した場合は、何も知らずに購入し、服用してしまう可能性もあります。
まず、35歳以上で1日15本以上の煙草を吸う女性、そして妊娠中、授乳中、または妊娠の可能性がある人も低用量ピルを服用することができません。
ホルモンバランスの不安定な思春期前の女性、高血圧の女性、それに付随する病気の可能性がある女性は注意が必要です。
低用量ピル通販という手軽な方法だからこそ事前の下調べを入念に行って下さいね。